現在の位置 : ホーム > 被保険者の方へ > 災害関連情報 > 令和元年台風第 19 号により被災された被保険者の皆さまへ

令和元年台風第 19 号により被災された被保険者の皆さまへ

令和元年台風第19号により被災された皆さまには、謹んでお見舞い申し上げますとともに、早期の復旧を心よりお祈り申し上げます。

医療機関を受診される際の窓口負担について

令和元年台風第19号により被災された皆さまのうち対象となる方は、窓口負担を支払うことなく医療機関等を受診できます。

対象となる方

令和元年台風第19号に伴う災害に係る災害救助法適用市町村にお住まいで、次のア~オのいずれかに該当する方

ア 住家の全半壊、全半焼、床上浸水又はこれに準ずる被災をされた方

イ 主たる生計維持者が死亡し又は重篤な傷病を負われた方

ウ 主たる生計維持者の行方が不明である方

エ 主たる生計維持者が業務を廃止、又は休止された方

オ 主たる生計維持者が失職し、現在収入がない方

群馬県における災害救助法適用市町村は以下の12市13町5村となっております。(令和元年11月1日現在)

【前橋市、高崎市、桐生市、伊勢崎市、太田市、沼田市、館林市、渋川市、藤岡市、富岡市、安中市、みどり市、榛東村、吉岡町、上野村、神流町、下仁田町、南牧村、甘楽町、中之条町、長野原町、嬬恋村、草津町、高山村、東吾妻町、みなかみ町、玉村町、千代田町、大泉町、邑楽町】

窓口負担について

医療機関等の窓口での支払いは不要となります。

※医療機関等の窓口で申告していただいた内容について、後日、広域連合又は市町村から確認が行われることがあります。

※入院時の食事・居住費などはお支払いいただく必要があります。

免除を受けられる期間

令和元年10月12日から令和2年3月31日まで

保険証について

被災に伴い、医療機関等に保険証を提示できない場合は、氏名、生年月日、連絡先(電話番号等)、住所等を医療機関等の窓口に伝えることにより、受診することができます。

すでに医療機関等に一部負担金をお支払いした場合

お住いの市町村役場でご申告いただければ、窓口でお支払いした一部負担金の払い戻しが可能です。その際には医療機関から発行された領収書・被災事実を証明する書類(り災証明等)・保険証・認印・口座の確認ができるもの、マイナンバーの確認ができるものをご用意の上、市町村担当窓口へご申請ください。(市町村のお問い合わせ先一覧はこちら)

保険料の減免について

令和元年台風第19号により、住宅、家財またはその他財産について著しい損害を受けた場合など、申請をいただくことで保険料についての減免を受けられる場合があります。

申請に関しましては、お住まいの市町村担当窓口までお問い合わせください。

(市町村のお問い合わせ先一覧はこちら)

令和元年台風19号に伴う災害の被災者が受けたはり師、きゅう師及びあん摩マッサージ指圧師の施術に係る医師の同意書等の取扱いについて

台風第19号に伴うはりきゅう、あん摩・マッサージの施術について、厚生労働省保険局医療課より通知がありましたのでお知らせします。

施術師の皆様におかれましては、その取扱いに遺漏のないよう、引き続き適正な請求事務を行っていただくようお願いします。

通知

このページに関するお問い合わせ先

管理課 資格担当 電話:027-256-7125