現在の位置 : ホーム > 医療機関関係の方へ > 療養費支給申請書(はり・きゅう、あん摩・マッサージ)について

療養費支給申請書(はり・きゅう、あん摩・マッサージ)について

はり、きゅう及びあん摩マッサージ指圧の施術所を開設する皆様、はり師、きゅう師及びあん摩マッサージ指圧師の皆様へ(重要なお知らせ)

受領委任制度のご案内

はり、きゅう及びあん摩マッサージ指圧について、施術者等が患者等に代わって療養費の支給申請を行う「受領委任制度」が導入されました。

詳しくは、厚生労働省のホームページをご覧ください。
厚生労働省該当情報ホームページ<はり、きゅう及びあん摩マッサージ指圧の施術所を開設する皆様、はり師、きゅう師及びあん摩マッサージ指圧師の皆様へ(重要なお知らせ)>

なお、当広域連合の受領委任制度への参加時期については現在検討中です。

同意書の取扱い変更のお知らせ

はり、きゅう及びあん摩マッサージ指圧について、平成30年10月1日から同意書の取扱いが変わります。主な変更点は下記のとおりです。

①同意書様式の変更

同意書の基準様式が改正されます。平成30年10月以降に同意を取る際には基準様式を使用してください。このページ下部「支給申請書等基準様式」からもダウンロードできます。

②同意期間の変更(3カ月→6カ月)

平成30年10月以降に同意を取る際には、同意期間が6カ月となります。ただし変形徒手矯正術の同意期間は1カ月です。

③文書による再同意

同意期間終了後の再同意について、口頭同意が廃止されます。必ず主治医の診察を受け施術の必要性を確認してから同意書の交付を受けてください。

④再同意の際の「施術報告書」交付(新規)

施術報告書交付料の請求が可能になります(同意期間中に1回のみ)。

詳しくは、厚生労働省のホームページをご覧ください。
厚生労働省該当情報ホームページへ<はり、きゅう及びあん摩マッサージ指圧の施術所を開設する皆様、はり師、きゅう師及びあん摩マッサージ指圧師の皆様へ(重要なお知らせ)>

後期高齢者医療 療養費支給申請書の提出先等について

群馬県後期高齢者医療被保険者に係るはり・きゅう、あん摩・マッサージの療養費支給申請について、以下のとおりお知らせします。

また、提出するときは、別紙の「はり師、きゅう師及びあん摩・マッサージ・指圧師の施術に係る療養費支給申請書の提出に関する留意点について」をご確認ください。

はり師、きゅう師及びあん摩・マッサージ・指圧師の施術に係る療養費支給申請書の提出に関する留意点について<PDF:190KB>

申請種別

以下記載のうち、施術師又は施術師団体等が被保険者の委任に基づき請求するものについては、広域連合で直接受け付けます。

  1. はり・きゅう
  2. あん摩・マッサージ

提出先

〒371-0854
群馬県前橋市大渡町一丁目10番地7 群馬県公社総合ビル6階
群馬県後期高齢者医療広域連合 給付課
電話 027-256-7115・7126(直通) 7171(代表)
FAX 027-255-1312

提出期日及び提出方法

毎月4日(ただし、土日祝日の場合は直前平日)必着
郵送又は持参による提出。

支給までのスケジュール

  1. 申請書の提出(毎月4日まで)
  2. 審査(当月中)
  3. 審査終了(翌月上旬)
  4. 支給決定(翌月中旬)
  5. 支給決定通知発送(翌月下旬)
  6. 支給(翌月末日)

※ 提出された支給申請書は、疑義等がない場合、該当締め月の翌月末に支給予定となります。なお、申請書の疑義案件(請求金額間違いや記載不備等)については、施術師等へ確認の連絡をする場合があります。確認内容によっては申請書が返戻となりますのでご留意ください。

その他

療養費に係る算定基準及び様式等の改正内容が、厚生労働省から示されています。下記ホームページから内容をご確認のうえ、適正な取り扱いをお願いします。
厚生労働省該当情報ホームページへ <療養費の改定等について>   

療養費支給申請書等様式 

支給申請書参考様式(平成30年6月から)

1年以上・月16回以上施術継続理由・状態記入書(平成29年7月から)

注)初療の日から1年以上経過している患者であって、かつ、1月間の施術を受けた回数が16回以上である場合に添付してください。

このページに関するお問い合わせ先

給付課 給付担当 電話:027-256-7115、027-256-7126