現在の位置 : ホーム > 場面から探す > 給付を受ける > 高額療養費

高額療養費

同じ月の中で、医療機関に支払った医療費の一部負担金を合算して、自己負担限度額(下表)を超えた部分について支給します。同じ世帯内に後期高齢者医療制度で医療を受ける方が複数いる場合は、病院・診療所、調剤薬局などの区別なく合算できます。

自己負担限度額(月額)

平成29 年7 月診療分まで

所得区分 外来(個人) 外来+入院(世帯合算)
現役並み所得者 44,400円 80,100 円+(医療費-267,000 円)×1%
<44,400 円> ※
一般 12,000円 44,400円
低所得者II 8,000円 24,600円
低所得者I 8,000円 15,000円

平成29 年8 月診療分から

所得区分 外来(個人) 外来+入院(世帯合算)
現役並み所得者 57,600 円 80,100 円+(医療費-267,000 円)×1%
<44,400 円> ※
一般 14,000 円
(年間14.4 万円上限)
57,600 円
<44,400 円> ※
低所得者II 8,000円 24,600円
低所得者I 8,000円 15,000円

※過去12 か月の間に、外来+入院の高額療養費の支給を3 回以上受けている場合は4回目以降の限度額が44,400 円となります。

低所得者II・Iの方は「限度額適用・標準負担額減額認定証」を保険医療機関等に提示することで、外来・入院ともに同一保険医療機関等での医療費の支払いが上の表にある限度額にとどめられます。

「限度額適用・標準負担額減額認定証」についてはこちら

【75歳の誕生日を迎える月の自己負担額の特例】

月の初日以外の日で75 歳となり後期高齢者医療制度に移行する場合、移行前後の医療保険制度においてそれぞれ自己負担限度額を支払い、通常通りの計算を行うと限度額が2倍になってしまうため、75 歳に到達した月において移行前後の医療保険制度における自己負担限度額をそれぞれ本来の2分の1とになります。

※毎月1日生まれの方は、誕生月に加入している制度が後期高齢者医療制度のみであるため、通常通りの高額療養費の計算になります。

手続き

該当する方には、初めて該当したときのみ、その診療を受けた月の4か月後に広域連合から申請書をお送りします。2回目からの該当分については申請は不要で、診療月の4か月後を目処にお支払いします。

申請場所

お住まいの市町村の後期高齢者医療制度担当窓口

市町村へ申請する際に必要な書類等

このページに関するお問い合わせ先

給付課 給付担当 電話:027-256-7115、027-256-7126