現在の位置 : ホーム > 場面から探す > 給付を受ける > 療養費

療養費

次のような場合において、全額自己負担したときは、申請により広域連合で認められた場合は、自己負担分を除いた額が療養費として支給されます。

手続き

申請場所

お住まいの市町村の後期高齢者医療制度担当窓口

市町村へ申請する際に必要な書類等

療養費種類 申請に必要な書類
やむをえず保険証を持たずに診療を受けたとき ・診療報酬明細書と同様の内容がわかる書類
・領収書
・保険証
・認印(朱肉を使用するもの)
・口座の確認が出来るもの
医師の指示により、コルセット等の
補装具を作ったとき
・補装具を必要とする意見書(診断書)、証明書
・領収書
・領収明細書
・保険証
・認印(朱肉を使用するもの)
・口座の確認が出来るもの
海外に渡航中、治療を受けたとき
(治療が目的で渡航した場合は支給されません。)
・診療内容明細書
・領収書
・領収明細書
・翻訳文(診療内容明細書、領収明細書が
外国語で書かれている場合)
・保険証
・認印(朱肉を使用するもの)
・口座の確認が出来るもの
・パスポート
輸血のために用いた生血代がかかったとき ・医師の証明書
・領収書
・保険証
・認印(朱肉を使用するもの)
・口座の確認が出来るもの
骨折や捻挫等で柔道整復師の施術を受けたとき
(受領委任以外)
・施術料金領収書
・保険証
・認印(朱肉を使用するもの)
・口座の確認が出来るもの
医師が必要と認めるはり、灸、あんま、マッサージの
施術を受けたとき(代理受領以外)
・施術料金領収書
・医師の同意書
・保険証
・認印(朱肉を使用するもの)
・口座の確認が出来るもの
・療養費支給申請書
(施術師が作成したもの)

このページに関するお問い合わせ先

給付課 給付担当 電話:027-256-7115、027-256-7126